第二の心臓

ホンモノの心臓は、全身に血液を送り出すポンプの役割をになってます。

心臓から上に押し上げられた血液はその後身体の中を下へ下へ、足先へ流れていきます。重力の働きもあるからスムーズに流れやすいです。

そして、一番下の足先まで下りていった血液を再び上に押し上げる役割をしているのが足です。

足裏は歩くことで刺激を得て、血液を再び上へ押し上げる心臓のような役割を果たします。

ふくらはぎは、歩くことによって収縮と弛緩を繰り返し、足の血液とリンパ液の流れを促進、これが”足は第二の心臓”と言われる理由です。

歩いて刺激を与えて、(初めて)足はポンプとして機能するのです。

 

足もみをお勧めしたい

現代人の生活は・・・

歩くことが少ない、おまけにエレベーター・エスカレーターなどに頼ってしまう、窮屈な靴に足を一日中押し込めたまま、デスクワークの人は座りっぱなしで足は放置されたまま。

病気やけが、腰痛、膝痛などのため、思うように歩けない人もいます。

そんな方tちこそ、足もみをおすすめしたいです。

 

自分で、足もみのプに、自分の足を揉んでもらうことさえできれば、歩いたのと同じ!か、それ以上の効果を得ることができます

よく眠れる・・・

足もみの後のご感想で多く感じるのは、

「夜、よく眠れました」

ということ。

 

子供がまだ夜中に起きる

夜中の授乳がある

お世話をしている親・配偶者が気になる

悩みがある

トイレに起きる

 

色々な理由で毎晩しっかり眠れない方がとても多く、

そんな方たちが足もみを受けられた日の夜は、よく眠れてすっきりしました、とお言葉をいただきます。

施術途中で眠られる方もいらっしゃいます。私はセルフケアの途中で寝てしまうこともあります。

 

睡眠はしっかりとらないと疲労回復に繋がりません。足もみでしっかり眠りましょう

 

手をかけてあげると気持ちいい

先日、自分が施術を受ける側になった日が2回ありました。クレイセラピーのハンドパックとフェイスマニュピレーション。
それぞれ、やる事、やり方、全然違いますが、終わった後は、手も顔も緩んで、いい状態。それが翌日以降にもきちんと現れていて、調子が良いです、気分が上がります。自分の目で直ぐに見えるところだからそれもいい。

え、じゃあ足は?
若石のリフレクソロジーも同じです。
しっかりと揉んでほぐして、足の裏の反射区にある臓器、身体の器官に響かせます。
足が緩む、いらないものもなくなる、見た目もきれいスッキリ。からだの器官に響いているから中も元気に活性化。

足は、靴下と靴で隠れているからって、放っておいてはダメですよ。
あなたを支えている大事なものだし、からだ繋がっています。
いい足は、健康のサイン。

1日に1回は、からだを支えてくれる足に感謝とエールの足もみをしてあげましょう。
たまにご褒美で、プロの手にかかりましょう